博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

「 年別アーカイブ:2005年 」 一覧

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

文楽を楽しもう 昼の部と同じでしたので省略 絵本太功記 ・夕顔棚の段 ・尼ヶ崎の段(○○さん)=人形役割 母さつき(玉英さん)が印象的でした。 子供を愛しながらも、だからこそ許せない葛藤があり

続きを見る

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

昨年に続いて二度目、2日間4公演の【博多座文楽公演】。 ほぼ完売状態で、当日は3階席にもチラホラ観客が 当日券の販売などもあったのでしょうか? 出演陣は、文楽好きな方には垂涎の超豪華メンバーで、実

続きを見る

スーパー喜劇・狸御殿【新橋演舞場】

スーパー喜劇”この作品の上演が発表され時、正直ものすご~く複雑な胸中でした。 猿之助さんが病に倒れ、舞台でのお姿を拝見することがなくなって久しく、毎年7月の歌舞伎座での30年以上連続で行われていた奮闘

続きを見る

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和也さん)の4冠を獲得し、文化庁芸術祭賞・演劇部門新人賞をマルシアさんが受賞する…という輝かしい実績を

続きを見る

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

弁慶上使 やっぱり何度観ても辛いお話で、観劇後にズーンと気持ちが重たくなって苦手。 朝イチで観るのは…かなりこたえました。 福助さん@おさわは初役との事ですが、福助さんのおさわは母親~女という変化

続きを見る

十二月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

恋女房染分手綱 今月の歌舞伎座、昼夜観て一番心に残った…かな(と言っても開演に間に合わずちょっと冒頭は見逃した)! 『子別れ』物の代表作を、実の親子である福助さんと児太郎演じる事もみどころ。 調姫

続きを見る

CATS 【キャッツ・シアター】

今年の2月以来の観劇。 総括としては…「よほどの事がない限り、もう観ることはナイだろう」 ハマる人はめちゃくちゃハマる演目ですが、私は何度観ても「やっぱり好みのタイプじゃナイな」ということを毎回確

続きを見る

モーツァルト! 大千穐楽カーテンコール【博多座】

今年再演され、各地で上演された【モーツァルト!】が本日博多座で大千穐楽を迎えました。 とりあえずカーテンコールの様子を…♪ 井上芳雄さんがまずは挨拶をして…その後は進行役という形で全員個々の挨拶はあ

続きを見る

モーツァルト・大千穐楽【博多座】

大千穐楽に今公演で一度井上芳雄さん@ヴォルフガングを初演以来初めて拝見した訳ですが、感想としては…【井上芳雄=ミュージカル俳優】、【中川晃教=シンガー】なんだな、という事でした。 記憶にある井上さん

続きを見る

モーツァルト!(中川晃教千穐楽)【博多座】 

注意! あっきーベタ褒めの感想で…ちょっと痛い部分が目につくかと思いますので事前にお断りしておきます 何卒了承ください。  初演から今博多座再演公演まで M!初演を観た当時は、博多座で大千穐楽

続きを見る

美女と野獣・日本公演10周年【福岡シティ劇場】 

1995年11月24日が日本における【美女と野獣】公演初演だそうで…本日は10周年! 当時は東京と大阪で同時公演されたとの事で、ディズニーの夢の世界に連れて行ってくれる舞台を初めて目の当たりにして、大

続きを見る

2005松平健・全国横断特別公演【福岡市民会館】

上様への拝謁は…昨年の新宿コマ公演こちら以来でした。 当然【マツケンサンバIII】を生で観るのは初めてでしたし、会場に入ると過去の公演ではお目にかかった事がナイような様々な年齢層ので埋まるほぼ満員の

続きを見る

坂東玉三郎舞踏公演【八千代座】

久々に行って来ました、八千代座に! 多分…仁左衛門さんご出演の“平成の柿落とし公演”以来の遠征かと思うので、現在のリニューアル八千代座になってからは、私、初めての玉三郎さんの舞踏公演観劇となりました(

続きを見る

モーツァルト!(初日)【博多座】 

私、3年前の初演時観劇以来、博多座のアンケート用紙の『今後博多座でご覧になりたい演目は?』の欄に、ひたすら【モーツァルト!】と書き続け、ついにこの日を迎え感無量!と言ってもイイくらいの嬉しさ☆ しかも

続きを見る

魔法をすてたマジョリン【宗像ユリックス】

劇団四季のファミリーミュージカルは…以前、仕事でその設立の経緯や活動理念を伺う機会があり、その企業姿勢に深く感銘を受けまして、大好きなんです♪ 家族連れいっぱいの賑やかな会場は可愛い笑い声や歓声、時に

続きを見る

クレイジー・フォー・ユー【広島郵便貯金ホール】

昨年より『観たことがナイ四季作品は一度観てみよう』キャンペーン中の私は、とりあえず観た事がナイ作品がかかると可能な限り足を運んでいる現状…と7月の【オンディーヌ】レポートで公言しておりましたが…この作

続きを見る

拝啓 お父さんです。【ぽんプラザホール】

ひのあらたさん主催の演劇ユニット【アプローチシアター】のお芝居。 今回の作品は、原案は出演も兼ねる“マッチョルラス”こと坂元健児さん。 他の出演者は、代表のひのさんはもちろん、安福毅さん、田中裕悟さ

続きを見る

禅・ファイヤー・フランツ!(エリザベート)

石川禅さんのフランツは…いろんな意味で目が釘付けです☆ メイクや演技で、ものすご~く化ける役者さんですが一貫して言えるのは“熱い”という事です。 度を過ぎて笑いを誘われることも度々、愛あるツッコミを

続きを見る

ミュージカル 李香蘭【四季劇場・秋】

福岡公演時には…これまた何故か見逃していて、私、今回が初見でした(舞台中継の録画映像は観た事あり) 今年は戦後60年という節目の年…という事で、劇団四季の“昭和歴史三部作”が連続上演、という企画の第

続きを見る

九月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

平家蟹 岡本綺堂作の新歌舞伎。 冒頭には物語の背景を映像を交え白石加代子さんの語りで観客に伝える等の新演出もあり、私、初見の演目。 舞台は平家一門が滅亡し、壇の浦では生き残った官女たちが惨めな暮ら

続きを見る

エリザベート(山口×鈴木×浦井)【帝国劇場】

計らずも…自分のウッカリ!で観劇となりました本日の公演。 山口祐一郎さん@トート 全体的に押さえた印象を受けたのと、歌う音を伸ばす際の両手の動き(上下、左右)が以前にも増して目障りで気になりました

続きを見る

エリザベート(内野×禅×浦井)【帝国劇場】

今回は“禅フランツ”目的の観劇です(キッパリ!) 2004年版で、かなりハマってしまった“禅フランツを再び”で、チケット発売日はほぼ終日電話をかけ続け、携帯電話本体が熱をもってものすごく熱くなり火を

続きを見る

アスペクツ・オブ・ラブ【自由劇場】

自由劇場という空間にピッタリな、上質な大人の作品…という印象。 小屋と作品のカラーとのマッチングもかなりの効果を得ていたのでは?と思いました。 この作品は、きっと観劇時の自分の年齢、境遇、心情などの

続きを見る

嵐の中の博多座【博多座】

『9月の台風上陸』というのは、九州・沖縄にとっては風物詩的なほど毎度の事なので、この時期のイベントごとや長距離の移動の予定を組むのは、もはや“賭け”ですよね。 昨年2004年は台風の上陸が記録的に多

続きを見る

Blast! 【福岡サンパレス】

2003年の夏に日本初上陸以来、話題を独占しているステージをこの度初めて観ることができました♪ 映画【ドラムライン】を観て以来、マーチングバンドに少し魅了されていたので(作品的には…だったけど)、私

続きを見る

福岡BB100回公演達成【福岡シティ劇場】

5月8日に初日が開け、本日が100回目の公演でした…と、いうのは全く知らずに何げに本日のチケットを、初日以来の1階S席を…今公演で自分的には一番イイお席を確保していたのです。 それは「大好きな夏も終

続きを見る

宝塚歌劇花組公演【博多座】

『8月の博多座はタカラヅカ』ですが、今まで規則正しく各組がローテーションで公演していたのですが、今年は間3年をおいたばかりの花組がまたまた登場(本来なら何組が来る予定だったっけ?) 前回の博多座公演で

続きを見る

美女と野獣・リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール【福岡シティ劇場】

え~、白状しますと…本日で福岡公演8回目の観劇となります 初日開幕からチョコチョコ配役の変更はあっているものの、私的には幸せな事にご贔屓さん(道口瑞之さん@ルミエール)は続投中でして、その度に痛いレポ

続きを見る

イーストウィックの魔女たち【博多座】

5日(火)夜の部と本日、計2回の観劇でした。 本日は明日が千穐楽…という事もあり、前日より博多遠征でに乗り込んだ熱烈なファンの方も多かったようで、平日の夜の部というのに大変な盛り上がりでビックリでし

続きを見る

オンディーヌ【メルパルクFUKUOKA】 

昨年より『観たことがナイ四季作品は一度観てみよう』キャンペーン中の私は、とりあえず観た事がナイ作品がかかると可能な限り足を運んでいる現状。 ストレートプレイは【思い出を売る男】に続き2作品目の観劇。

続きを見る

    • 2017 (32)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル(2017.8.1〜26)
    ●【昼の部】
     12:30〜15:35
    ●【夜の部】
     17:30〜20:35

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑